The Virginia Beer Company

バージニア・ビア・カンパニー(VBC)は、バージニア州東部・ウィリアムズバーグにある、タップルームとビアガーデンが併設されたブルワリーです。創業者のクリス・スミスとロビー・ウィリーは、近所にあるウィリアム・アンド・メアリー大学に在学中の2004年に出会い、2016年3月に醸造所を立ち上げました。ブルーマスターには、以前ジョージア州アトランタのスィートウォーターブルーイングでヘッドブルワーを務めていたジョナサン・ニューマンが抜擢されます。

30バレル(35hL)の大規模な醸造設備のほか、実験やスモールバッチ用の5バレル(6hL)の小規模システムも有しており、年間を通して販売する定番ビールだけでなく、季節の限定や、新たに生みだされる想像力豊かな試作のビールも作ることができます。これにより、バレルエイジドビールやヘイジーIPA、バレル発酵のセゾン、クラフトラガーなど様々なスタイルのビールが生み出されています。

VBCのビールは、日本のインターナショナル・ビアカップ(IBC)や、ヨーロピアン・ビア・スター・アワード、オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード(AIBA)など、世界中のコンペティションや大会で受賞しています。また、VBCの環境持続可能性を強化する活動や地元ウィリアムズバーグへの慈善活動への貢献も高く評価されています。

The Virginia Beer Company is a brewery + taproom + beer garden located in Williamsburg, Virginia. Chris Smith and Robby Willey, who met as students at the nearby College of William & Mary in 2004, co-founded the brewery in March 2016. Jonathan Newman, formerly a brewer at SweetWater Brewing in Atlanta, Georgia, serves as the Brewmaster.

The combination of a large-scale 30-bbl brewing system and a custom built 5-bbl pilot system allows for the production of both a series of flagship beers and a constantly changing mix of creative and experimental small-batch beers. Those include barrel-aged beers, hazy India Pale Ales, barrel-fermented Saisons, and craft lagers, among many other diverse styles.

Beers produced by The Virginia Beer Company have earned medals at competitions across the world, including the International Beer Cup in Japan, the European Beer Star Awards, and the Australian International Beer Awards. In addition to award-winning beer, the brewery has earned accolades for its environmental sustainability initiatives and its philanthropic involvement in the local Williamsburg community.