SPON Rye (2021)

SPON Rye (2021)

SPON ライ麦 (2021年)

Jester King
ジェスターキング

ライ麦入り自然発酵エール(4年間オーク樽熟成)
Spontaneously-Fermented Ale with Rye (Oak Barrel-Aged 4 Years)

アルコール度数/ABV: 5.6%

SPONライ麦は、4年ほど前に生まれたシンプルな考えから始まりました。グリストにあったローウィートをライ麦に置き換えるというものです。井戸水と熟成ホップ、そして麦芽を60%とライ麦を40%の割合で醸造し、最後にクールシップとオーク樽での自然発酵を行いました。4年間もオーク樽でゆっくりと熟成させ、複雑な味わいに仕上げました。その結果、SPONシリーズの微妙なバリエーションとなりましたが、それでもライ麦のキャラクターがローウィート使用のSPONと横並びで明確に異なるため、興味深いものとなっている。

The idea behind SPON Rye is a simple one that originated about four years ago — replacing the raw wheat in the grist with raw rye. We brewed with 60% malted barley and 40% raw rye. Otherwise, we kept our recipe and process the same with well water, aged hops, coolship, and spontaneous fermentation in oak barrels. Jester King SPON Rye spent four years in oak barrels slowly maturing and developing complexity. The result is a subtle variation on Jester King SPON, but an interesting one nonetheless, as the malt character is distinctly different from its raw wheat counterpart side to side.